快感の炭酸パック

digg del.icio.us TOP
By admin | Filed in 未分類 | コメントは受け付けていません。

飲み物でもお風呂でも、「炭酸」という言葉がつくものは大好きで、炭酸独特のシュワっという感覚の心地よさにはまっています。
喉越しOK、肌のパチパチ感最高!と、炭酸にはまさにいいことずくめ

そんなわたしはある日、巷のウワサで耳にした炭酸パックというのを試してみたくなりました。
早速材料をそろえます。
「グリセリン5g、キサンタンガム2g、重曹5g、クレイ15g、精製水適量、クエン酸3~5g」。
まず、グリセリン~精製水までの材料をしっかりと混ぜ合わせてクリーム状にします。
顔に塗布する直前に、クエン酸を加えます。
するとシュワシュワパチパチ。
手にたっぷりとって顔に塗り、10分。
毛穴という毛穴がキレイになっていく感じ。
これは病みつきになる感触ですよ。自分で作るのもよい、市販のものを買うのも良い。
とにかく気持ちいいですよ。

男性ホルモン

digg del.icio.us TOP
By admin | Filed in 未分類 | コメントは受け付けていません。

男性ホルモンはテストステロンと呼ばれています。
人間の体は不思議なもので、内分泌によって様々なホルモンが作用し、体内の機能に働きかけています。

ホルモンは体内各所で作られますが、その材料となるのはアミノ酸だったり、コレステロールだったりです。
男性ホルモンはコレステロールから作られるといいます。
他のビタミンやミネラルもバランスよく摂る必要があります。

また、ホルモンの分泌には睡眠も深くかかわっているとされます。
ですから、規則正しい生活をすることが体調管理の基本です。

さらに適度な運動が必要です。

バランスのよい食事、規則正しい生活、適度な運動。
これが体調管理の基本ともいえますが、簡単なようでなかなか実践できない方も
多いと思います。

なにしろ、現代人は仕事が忙しすぎるのです。
その上ストレスもかかります。

とすれば、ホルモンの適度な分泌のためには、サプリなどでの栄養補給も視野に入れた方がよいのかもしれません。

精力剤ナビをチェック

こういった成分を
毎日の元気のために積極的に摂取している方も多いです。

脱毛方法、どれがベスト?

digg del.icio.us TOP
By admin | Filed in 未分類 | コメントは受け付けていません。

脇をシェーバーで処理すると、剃りにくい箇所でもあるのでどうしても剃り残しができます。
さらに夏場や重ね着の多い冬だとムレやすくてかぶれの原因にもなります。
毛抜きの処理だと、一本一本肌をつまんでしまわないように、丁寧に処理をしていかなければならないので大変。
かなりの時間を要しますし、赤み・出血・毛抜き箇所の悪化の恐れも出てきます。
また、除毛クリームやワックスでは、かなりの痛みに耐えながらの処理になりますが、脱毛ほどのキレイに仕上がりにはならないです。
肌への負担もどうしても大きいため、その後のケアも大変です。
その点、脱毛だとほとんど痛みを感じずに施術できますし、なおかつ脱毛を行ってから数日~1週間では毛が自然に抜けていくものなので、剃り残しなどもなく、清潔感溢れるキレイな仕上がりになります。

食習慣病?

digg del.icio.us TOP
By admin | Filed in 未分類 | コメントは受け付けていません。

健康に気をつかう。
やっぱり一番身近なのは食生活ではないでしょうか。
贅沢病などと言われる痛風なんかはプリン体の摂り過ぎが原因とされていますし、糖尿病はもちろん糖類、高血圧なんかは塩分に気をつけなくてはなりません。
それぞれの病気に対応した専用のメニューなどもあるみたいですが、総じてあまり美味しくはないみたいです。
同じものを食べていても病気になる人とならない人がいるのは、体質や遺伝的要素が強いのでしょう。
それでも普段から自分が食べているものに少しでも注意を払うことが病気の予防につながるのは間違いなさそうです。
美味しいものを食べすぎて病気になってしまえば、その大好きなものが食べられなくなってしまいます。
そうなると、本末転倒です。
生活習慣病と言いますが、実際はほとんど「食習慣病」なのかもしれませんね。

年齢を経てからの仕事を考える

digg del.icio.us TOP
By admin | Filed in 未分類 | コメントは受け付けていません。

女性の場合、年齢を経るにしたがって働ける職が減ってゆくのが現実です。
男女雇用機会均等によって男女の平等が法的に決められてはいますが
現実は、やはり依然として厳しいのです。
その点で、看護師のような有資格者は再就職という観点にたってみても有利です。

年齢を経るにはある程度の戦略も必要になります。
ましてはキレイに、素敵に年齢を経るならば、なおさらです。

体型維持の最大のコツは

digg del.icio.us TOP
By admin | Filed in 未分類 | コメントは受け付けていません。

体型維持の最大のコツは筋肉を減らさずに体脂肪だけを上手に落とすことにあります。

とくに女性の場合は体重の数字に一喜一憂してしまう事が多いのですが、数字だけを追うことをまずやめてみましょう。

同じ体重でも、筋肉量が多い人と体脂肪が多い人では、見た目は大きく違うものです。
引き締まったウエストやすらりとした脚、それでいてバストなどはきれいなラインでいるのが理想のボディラインですよね。
でも、筋肉がほとんどなく、体脂肪率の高い人だと全体的にぷよぷよとしてたるんだ感じがあります。
モデルさんなどは、バストは減らさずに引き締まったウエストやお腹を維持するために、筋トレを取り入れています。
お腹、背中、脚、などは筋肉が大きい部分ですから、そこを狙って鍛えることでメリハリのあるボディラインを作ります。

髪のボリューム

digg del.icio.us TOP
By admin | Filed in 未分類 | コメントは受け付けていません。

女性は中高年になると、ホルモンの関係からか、髪の量がずいぶん減ってきます。

 

ぺたっとしてしまうと、女性らしさがなく、老けて見える原因になります。

カーラーを巻いてボリュームアップをするのがお手軽な方法です。
カーラーの使い方にコツがあるようで、根元を立ち上げるように巻くようにしないと意味がないそうです。

ですから、髪のボリュームアップのためには、白髪のケアも頭皮に負担がない方法ですることが重要ではないでしょうか。

天然の白髪染めを使ったり、ヘアマニュキュアでしのいだり、頭皮に負担をかける機会を減らす工夫が必要かもしれません。

いっそ、ウイッグを作ってしまい、おでかけはウイッグにしてしまう、というのも手かもしれませんね。

季節感を取り入れて

digg del.icio.us TOP
By admin | Filed in 未分類 | コメントは受け付けていません。

男性の中には、季節に無頓着な服装をしている人がたまにいますね。
どういうことかと言うと、季節に合った素材が何かわかっていない。
もちろん腕時計などはオールシーズンOKです。

しかし服の素材は違います。
素材自体に無頓着で、服の素材が何か気にしていない場合も多いようです。
天然繊維で、季節を間違えると、せっかくのファッションも台無しです。

しゃりっとした感触の麻は夏の素材です。
ウールは春、秋、冬に使われます。
木綿とシルクは一年を通して使えますが、織り方、加工の仕方に合った季節があります。
例えば、木綿でもコーデュロイは秋冬物に使われますし、ブロードのような薄い生地は春夏物に使われます。

帽子の素材は、春夏ものはストローなど、秋冬ものはウールなどですね。

これらを基本に、現代では、化繊が多く使われており、化繊の場合は、加工に仕方によって様々な季節に対応しています。

気をつけなくてはならないのは、季節の変わり目です。
春でもまだ暖かくないときは、ウール素材のものでもよいのですが、できるならば少し先取りして、綿と麻の混じった素材のものにしたりすると、季節感を取り入れたものになるでしょう。

肌に優しい家の保ち方

digg del.icio.us TOP
By admin | Filed in 未分類 | コメントは受け付けていません。

肌の事を考えた時に、家の中の環境まで気にした事はありますか?
…正直アレルギーでもない限り、そんな方はあまりいないと思います。
良い肌の状態を保つために重要なのは『乾燥させない』ということなのですが、冬はこれを守るのがとっても大変!
でも家は毎日必ず過ごす場所ですから、肌の為に少しずつ気を配ってみてはいかがでしょうか?
肌にとって一番の敵はエアコン。
このエアコンから肌を守るために、加湿器を活用したりお湯を沸かしたりして湿度UPに努めましょう。
お湯を沸かす場合は、やかんよりも鍋がおすすめです。
乾燥時のかゆみの原因にもなるホコリやゴミも取り除く為、小まめに部屋の掃除をしましょう。
掃除機をかける時は、先に拭き掃除をしてから行うと、湿気でホコリが広がらずに綺麗に取れますよ。
乾燥に悩む冬も快適に暮らせるよう、家の中は特に配慮していきたいものですね。

敏感肌って?

digg del.icio.us TOP
By admin | Filed in 未分類 | コメントは受け付けていません。

そもそも敏感肌とはどういう状態の事を言うのか、皆さんはご存知ですか?
敏感肌とは、本来持っているバリア機能が衰えてきて、外側からの刺激を極端に受けやすい状態になっている肌の事を言います。
元々敏感肌の方もいれば、間違ったケア・生活環境の乱れ・体調の崩れ・さまざまなストレスにより敏感肌へと変化していく人もいるのです。
一度敏感肌に変わってしまうと、元の状態に戻るまで何年もかかります。
スキンケア用品やコスメも、敏感肌用の商品は通常よりも高価なものが多いです。
自分の肌の状態をチェックして小まめに生活を見直す事が、美肌を作る上での一番良い手段と言えますね。
敏感肌が感じる『刺激』というのは実に様々。
クレンジングに使うコットンの繊維や、洗顔する時の指先の摩擦まで、敏感肌にとっては負担になる事があります。
そうなる前に、自分に合った正しい肌手入れの知識を身につけましょう。

恋は美肌の始まり?

digg del.icio.us TOP
By admin | Filed in 未分類 | コメントは受け付けていません。

年をとれば嫌でも肌は衰えるのだから仕方ない、なんて思っている方はいませんか?
確かに年をとる毎に肌はどんどん衰えます。
脇 脱毛に通っても衰えが完全に止まるわけではありません。
シミもシワも若い頃より確実に増えてきますよね。
でもどんな化粧品にも負けず、貴方の肌を綺麗にしてくれるものが…実はあるのです。
それはズバリ、『恋』をすること!
肌の調子とホルモンバランスは密接な関係にあるのはご存じですか?
ストレスが溜まった時や生理前には、肌トラブルも増えやすいと思いませんか?
これは全て女性ホルモンの増減によるものなのです。
この『女性ホルモン』は、恋をしてドキドキしたり幸せな気持ちになったりすると沢山分泌されます。
そしてその女性ホルモンが、内側から肌をどんどん綺麗にしてくれるってわけですね。
綺麗になりたいそこの貴女!
心動かす素敵な恋をして、自分だけの天然美容液をしっかりと出してあげましょうね。

肌ケアにはSPFとPAを正しく知る

digg del.icio.us TOP
By admin | Filed in 未分類 | コメントは受け付けていません。

SPFという言葉は聞き覚えがある人も多いでしょう。
これは、Sun Protection Factor のことで、各頭文字をとってSPFといいます。
紫外線B波を防ぐ効果がどれくらいあるのか、という数値です。
そして、PA、これは、Protection Grade of UVAの略で、紫外線A波をどのくらい防止できるかの目安となります。
PA+、PA++、PA+++、の3段階で表します。
目安としては、日常生活ならSPF20程度あれば充分だと言われています。
屋外で過ごす時間が長い場合で、SPF30、海水浴やスキー場などでは、SPF50+以上がお勧めです。
数値の高さにこだわるよりも、過ごす場所にあったものを選ぶことが大切です。